沖縄永住計画 『島』
以前住んでいた沖縄が忘れられず、青い物を見るとあの美ら島を思い出し、目頭が。。。。

プロフィール ×

美ら海のシーサー

Author:美ら海のシーサー
数年間沖縄で生活し、現在、沖縄を離れ、いわゆる沖縄病に侵されている若大将です! 密かに、沖縄が忘れられず、妻には内緒で沖縄永住計画を企てております。 やっぱり海が好き!!!


只今の沖縄の様子 ×

ブログランキング ×
ブログランキングに参加中です!1票を!

FC2カウンター ×

最近の記事 ×

最近のコメント ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


泡盛の正しい頂き方。
【2006/07/25 20:17】 未分類
こんばんは!
はっ はっ はっ!
今回の沖縄旅行で、我が家の「比嘉酒造 まさひろ」の甕に入れる古酒を買ってきたのです!
そこで、今夜は『正しい泡盛の頂き方』を披露。

①まず、甕仕込みの泡盛が無い場合は、のような古酒(クース)を用意。

DSC01705.jpg

5年物のブレンド物の一升瓶です。
んん~ 何と凛凛しい

②このまま頂いても十分ですが、本気で味わいたいならに入れて、待つこと20年。

DSC01707.jpg


ただ、ただ、常温で日陰に眠らせます
20年後、それはそれは円やかで、濃い香の最高のクースができるのです。
しかし、実際は、20年待ちきれないので、場合によっては、次の日に空けてもOK

③そして、テーブルにを用意。

DSC01715.jpg


そう、コースターです。
沖縄では「おしぼり」で代用したりしますが、本格的に頂くにはコレ。必須アイテムです。 
しかも、写真のような「ミンサー織」などで頂くと、それはまるで、『四ツ竹』で頂いているような高級感に包まれます。

④そして、こだわりの琉球ガラスのロックグラス

DSC01714.jpg


んん~  まーさん。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

古酒ですか、いいですね。約15年前同僚のオヤジさんが寝かせていた古酒30年ものを飲んだことがあります。まだ酒を味を知らないニーセーだったんだけど、ほんとに甘くて、そして爆弾でした。表現難しい。でも病みつきになりますよ。私は古酒が出来るまで、待てずに飲み干してしまうんで、鬼嫁に「アホ」と一蹴されてますが・・・。でも子供の結婚式に古酒を親子で飲みたいなと夢みたいなことを考えてます。
シーサーさんもがんばってください。
また、遊びに来ます。
PS 勝手にトラックバックしました、今後ともよろしく。
【2006/07/25 22:46】 URL | katuです #- [ 編集]


すごいこだわり・・・。
でもおいしそう!!
甕に入ってるだけでうまみが倍増しそうですね。
【2006/07/27 06:52】 URL | なちよん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://greenslowlife.blog68.fc2.com/tb.php/44-25a17ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

ブログするなら! ×

ブログ内検索 ×

月別アーカイブ ×

参加してみませんか! ×



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。